低資金でも独立開業できる方法をわかりやすく解説!

高度なレジシステム

IT

売上分析にも活用

POSとは販売時点情報管理の略称であり、商品売上などのデータを集計・管理するシステムのことを呼びます。一般消費者と一番近いのは、POSのなかでもレジの部分です。レジでは商品をバーコードで読み取り、合計支払額を算出していますが、レジは単なる計算機ではありません。レジにおいては、どの商品がどんなタイミングでいくつ売れたか、また価格はいくらであったかなど様々な情報を収集し、サーバーに蓄積します。POSの構成要素は、各店舗におかれるレジやデータ収集用コンピュータ、またデータセンターに置かれるサーバーが代表的です。データセンターに全店舗のデータが集約され、分析にかけられます。過去の売上実績をもとに、時間帯、天気、季節などの項目別の売上傾向を解析したり、過剰の在庫を抱えないような仕入れを実現したりできます。こうした分析機能がPOSシステム最大のメリットです。次に、店舗単位でのメリットを見てみましょう。一つは売上集計を簡略化できる点が挙げられます。レジ内の現金と、売上データの比較をすれば、簡単に売上金額の確認ができますし、同時にレジの操作ミスや不正な操作を防止することにもなります。また、クレジットカードや電子マネーの決済機能もPOSシステムの範疇です。現在はクレジットカード決済に対応していて当然とされる世の中ですから、決済機能を導入できることには意義があります。近年はクラウドを活用したPOSシステムも登場しています。種々のデータをインターネット上に保存する方法です。こうすることで、スマートフォンやパソコンからデータにアクセスできますので、閲覧や編集が簡単にできるようになります。POSシステムには以上のような、多くのメリットがあります。効率的な経営のためには、今や必須ともいえる状況になっています。