低資金でも独立開業できる方法をわかりやすく解説!

男女

多彩な機能を活用する

最新のレジはタッチパネル式が主流となり、情報管理はアプリが行っています。タブレットタイプの端末が登場し、コンパクト化によりイベント会場の持ち込みにも便利です。アプリは必要な分のみ選択できますので、ムダな使用料は発生しません。販売品目・金額がデータ化でき、サービスの質や収益向上に役立ちます。

男の人

いい情報を得るには

接骨師会は、柔道整復師の多くが加入している会です。加入する事で様々なメリットが得られますし、全国各地の柔道整復師に関する情報を得られます。さらにボランティアで地域やスポーツイベントに貢献する事もできます。

IT

高度なレジシステム

POSシステムはレジやサーバーなどの設備からなります。レジは単なる計算機に終わらず、売上に関する多くのデータを収集し、その情報をもとに分析がなされます。各店舗においては、売上集計の簡略化や不正防止などのメリットを享受できます。また近年はクラウドを利用したPOSも登場しています。

安い資金で独立するには

男女

株式会社USEN

低価格で利用できるposシステムを探しているならコチラを参考にするといいですよ。役立つ情報が豊富に掲載されてます。

必要な資金と独立を考える

雇用される生き方ではなく、独立して開業する生き方を考える人も多いことでしょう。しかし雇用される身分と異なり、開業には自己資金が必要です。中には店舗や土地、設備の価格を含めて、数千万円以上の資金が必要な業界もあります。とくに、飲食店の開業には多額の資金が必要になります。一方で、低資金で開業できる業界もあります。立地の良い店舗や広い土地、高価な設備の必要でない場合です。例えば、ハウスクリーニングや便利屋は、お客様の自宅に訪問するという形態なので広い店舗を必要とせず、場合によっては自宅を店舗として、低資金で開業できます。他に、訪問介護や自宅の修理(畳や障子の交換など)、マッサージや針なども、技術があれば低資金で開業できます。高価な設備が必要な場合もありますが、フランチャイズの中には、それをレンタルなどの形で使用させてくれるところもあります。例えば、ハウスクリーニングに使用する高圧洗浄機や、エステの美容機器などが挙げられます。このようなシステムを利用すれば、初期投資の必要な業種であっても、低資金で開業することができます。ハードの面は、このような工夫で安く抑えることができますが、人材の面は難しい点があります。家族以外の従業員を雇用するとなると、人件費が必要だからです。また、専門技術の必要な業種では、ある程度以上の人件費を提示しないと、質の良い人材が集まらず、サービスの質にも影響してきます。このような様々な面を考慮する必要があります。いまはフランチャイズに加入することで求人面に関してもフォローしてもらえるので、初めてで不安であればフランチャイズへの加入がおすすめです。